• ホーム
  • 愛犬を病気から守るために必要なペット保険のアレコレ

愛犬を病気から守るために必要なペット保険のアレコレ

横になっている犬

近年になり、新しくペット保険という物が登場しました。ペットブームとなり、各家庭でペットにかける費用が右肩上がりである為に登場してきた物ではないかと思われます。人間にも保険がある通り、単にペットが流行りだからという理由だけではなく、もちろんメリットがある為に登場した物です。基本的には病気や入院、手術、通院費の補填をしてくれる保険が大半です。どこまでを保障するかは各保険によって異なる事もあるので、加入を考えている場合はよく調べましょう。掛ける額によって保障範囲が変わってくるというのは犬の保険も人間に対する保険と同じです。

ではそもそも何故、ペット保険が必要と考える様になったのでしょうか。犬や動物は人間と違い、国からの保険料補助がありません。人間であれば基本的な病気や手術での病院での治療費負担額は3割です。しかしペットは3割とはいきません。無保険と同じである為に10割負担となります。更に、病院によっては自由診療である事もある為、この病気であればこの金額といった様に決まっている訳でもありません。つまり、一度病気をしてしまうと、治療費が非常に高額となってしまうケースがあるという事です。

保険に入る事によって、突然の病気やケガをした際にも費用補助を受ける事ができるというメリットがあるのです。特に、入院が必要となるレベルの病気やケガであれば、病院代が数万円程になる事もあるのです。ペット保険の掛け金は様々ですが、一般的には数百円程度の物が多くなっています。月々、これ程の掛け金でいざという時の病気やケガ時に補助を受ける事ができるのであれば入らない手はないと思う方が多いのではないでしょうか。

では、逆にデメリットはないのかも気になる所です。保険というだけあって、良い事ばかりではありません。ペット保険の場合、あくまで病気やケガに対しての通院や入院補填が主とされている為、避妊手術や去勢手術といった、健康な体に施す医療行為は対象外となる事が基本です。一方で、これらの手術は全身麻酔を使用する手術であり、手術中の死亡例もある程、小さな犬の体にとっては一大事な医療行為であり、病気での手術時と同じだけのリスクも伴う物です。また、手術というだけあり、費用も病院によって異なるとは言え、それなりに高額にもなります。大半の飼い主さんが行っている避妊、去勢手術において保険が適用されないというのは残念です。また、他人にケガをさせてしまった場合の補填なども、追加オプションに入る事で初めて補填対象となる事が多く、何でも加入しようとすると結果として保険料が高くなるという点はデメリットでもあります。